2017年02月09日

女性ホルモンに作用する、プエラリアというサプリについて

バストを大きくしたい場合、ただ安易に鶏肉を食べるといいという訳ではなく、食べるといい部位が存在するのです。鶏肉で一番タンパク質をたくさん含まれているのはササミという部分です。ササミはタンパク質を豊富に保有していながら、低脂肪なのが特徴です。

もし、何を試してもバストサイズが変わらないようなら、サプリメントなどを飲んでみるのもいいですよね。足りなくなりがちな栄養素を摂取することで、バストアップを実感した人もたくさんいます。ただ、バストアップサプリを飲む際には、良い品質のものを考えて選ぶようにしてください。

バストアップに効くと聞けばその食べ物のみを多くの人が食べてしまいがちですが、それでは、期待外れになるのでアンテナを張りめぐらせましょう。偏食を続けていると体に何かの障害が出てくることがありますし、お肌を傷めてしまいます。太りやすくなるので、肥満の危険も高まります。

一般的に、バストアップを期待して多く使用されるのがプエラリアのサプリです。このプエラリアは、女性ホルモンに作用するという作用から、女性になりたい男性も摂取したりしています。使われている人も多いようですが、しかし、実は副作用の存在もあり、効果が出るかどうかに個人差もあります。

おっぱいを大きくするために豆乳を飲むタイミングは基本的にいつでも構いませんが、吸収率だけを考えるのなら朝ごはん前がベストです。朝食前は吸収率が最も高い時なので、この時間に豆乳を体に取り入れるとイソフラボンをより多く体の中に取り込めます。すぐに効果がでる訳ではありませんので、日々、欠かさず飲むということが重要になります。

最も有名なバストアップのためのサプリメントは、やっぱり、プエラリアになるでしょう。私もプエラリアを選んで、体に取り入れています。プエラリアの機能としては、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌を促す作用があるそうで、それが胸のサイズアップに効果があるようです。サプリメントを飲用しはじめてから、実感として胸のハリが改善してきたような感じがします。

胸が小さい家系のせいではなく、胸が大きくなるのを妨げるような生活習慣を受け継いでいるという可能性もあります。とりあえず、食生活に着目して生活の見直しをしてみましょう。その上で、胸を大きくするのに良いといわれることを着々とやってみてください。一日や二日でバストアップは臨めませんが、頑張って続けることで少しづつ大きさが変わってくると思います。

胸を大きくするためには、キャベツを食べることが望ましいという有効説があります。このキャベツ自体にボロンという栄養素が入っているのですが、このボロンは女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す働きをします。でも、ボロンの一日の摂取量で理想なのは、キャベツ1玉分とされていますので、サプリなどと併用するのが望ましいです。

おっぱいのマッサージの時に、かっさプレートを使用すると手でするより全然、力が伝わりやすく疲れにくいというメリットがあります。あまり馴染みのない道具なので、どこへ行けば売っているのか分からない人も多数おられると思いますが、ネット通販なら手軽に手に入れることが出来ます。ご家庭のれんげで代用ができるため、絶対に購入しなければダメだというわけではありません。

イソフラボンに関する副作用について調査を行いました。イソフラボンは胸を大きくすることなどに効果的であるといわれているので、高い評価を得ています。しかし、必要以上に摂取すると血液中のホルモンの値が高くなってしまいます。1日に摂取する目安は50mgと定められています。
posted by コナカモナカ at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください